道路附属物に含まれる道路上の駐車場とは

人口が集中する都市部では、自動車の違法駐車が問題になっています。これに伴い、取締りの強化と道路上に駐車場の整備を行い、違法駐車の防止や渋滞の緩和が取り組まれています。道路附属物は道路上の駐車場を含みますが、道路附属物に含まれない駐車場もあるようです。

■道路法に基づく駐車場
道路附属物は、国土交通大臣や都道府県知事、市町村の長などの道路管理者によって管理されています。路上駐車場は、道路法第二条に基づき設定される道路附属物になるのだそうです。この路上駐車場とは、「歩道と接続していて、かつ車道とは工作物により分離して設けられるもの」とされ、さらに平成19年の法改正により、駐車料金を徴収することが出来るようになったということです。

駐車料金に関しては、周囲との差別化を図る様な安い料金などに設定は出来ず、また逆に高く設定して利用出来なくなる様な料金を定めてはいけないそうです。また、利用者から駐車料金は徴収出来ますが、「必ず」有料にしなければならない決まりはないといいます。

道路を無料公開している道路管理者が、道路上の駐車場の駐車料金を徴収するのは「矛盾」している様に感じ取れるかもしれません。しかし、無料にすることにより、周囲の民間駐車場と料金の差が生まれてしまい、結果的に民間駐車場の経営を圧迫してしまいかねない為の処置なのだそうです。

■道路交通法に基づく駐車場
道路上の駐車場に、パーキングメーターがあります。これは、都道府県の公安委員会が設置したもので、厳密に言えば「駐車場とは異なる」のだそうです。道路交通法に基づき、時間制限駐車区間に設置されるスペースで、違法駐車を減らし、道路の安全と円滑な交通の為の処置となのだそう。制限時間を超えた場合は罰則があるのもパーキングメーターの特徴のようです。

■駐車場法に基づく駐車場
道路管理者とは異なる地方公共団体が設置した路上駐車場です。駐車場法に基づき、都市計画として駐車場整備地区という定められた地区内の道路に設置されます。 
こちらも駐車料金を徴収することが出来ますが、駐車料金の設定に関する根本的な部分は道路法と同じで、周辺に設置された民間駐車場の駐車料金に対して著しく均衡を失しないものと定められています。

さらに、不法に駐車料金を免れた人に対しては、免れた料金のほか、2倍相当の料金を徴収することも出来るのだそうです。

■道路の安全の為に
道路附属物には道路管理者が整備する駐車場も含まれるようです。駐車場にも道路区域内、道路区域外と大きく分類され、上記3点は道路区域内になるということです。
様々な駐車場が整備されていますが、そもそもは安全で円滑な交通の為にあるもので、私達の運転マナーや道路に対する意識が問われているのではないでしょうか。